カテゴリ:すきなもの( 4 )

pure

e0182926_23491073.jpgこれは小説の紹介ではなく、どうもこの絵を描いておられる方に覚えがあるというお話だ。氷見こずえさん。それは、あの氷見さんだろうかと・・・時々名前をみるたびに気になっている。ある時期、わたしがいた職場には、たくさんの大学生がバイトに来ていて、そこに彼女も僅かな期間だが所属していた。彼らとのつきあいは、ちょっと年長のために彼らとは同じ青春というわけにゆかなかったわたしからすると、すこしばかり遠巻きな眺めという感じになったけれど、それでも、うっすらと聞こえてくるものがあって、氷見さんは美大の学生さんではなかったような気がする。ただ、なにかのおりに、絵を描くのが好きだと語っていたような気がするのだ。とても清楚で愛らしい顔立ちなのに、寡黙なせいか、地味な存在で、世の中には、それほどの容姿で、もし本人にその気があったなら、どんな華やかな場にだって招待されるであろうに、ひっそりと貝殻のように静かな彼女は、その分、意思的で爽やかな存在に感じられた。すぐ下に妹さんがおられて、顔が、そっくりといっていいくらいよく似ているのに、性格がまったく異なり、芸能界のようなところに憧れているのだと、呆れたような顔で語っていた。妹さんの希望は、あながち、的外れとも言えなくて、現に、職場に出入りするその業界のかたたちは、時々、目配せしあいながら、あれは、だれかと囁きあっていた。

彼女は、絵を描くのが好きだと言い、でも、その口ぶりは、絵で食べてゆきたいというような感じではなく、普通に就職して、空いてる時間にいつも絵が描けたら嬉しいな、楽しいな、という感じに聞こえた。なんだか、その野望の無さ加減に妙な味わいがあって、不思議な子だなぁ、と、目が離せない気持ちになる。当時、職場には、美大の学生がいて、その子は、情熱のすべてを絵に注ぎ込んでいるという感じのぎらぎらしたものがあったので、それと好対照だったのだ。これは、わたしの推測だが、その子のほうはむしろ、絵への情熱が、恋愛の情熱にすりかわって、絵とは別の道を進んだのではないかと思う。

あれから、もうずいぶん経ったから、もし、このイラストの氷見こずえさんが、わたしの知っている氷見さんだとしても、すっかり、大人になって、こちらのほうが恐縮してしまうほど、自立した女性になっているに違いない。でもなんだか、感慨深いのだ。絵を描いている時間が幸せだという純粋は気持ちが、このイラストには表れているように思え、だから、きっと、この氷見さんは、あの氷見さんなんじゃないかと思うとき、純粋さって、なんて、大事なことなんだろうと、教えられるからだ。それは、切ないくらい、わたしに足りないものだった。
[PR]
by kokoro-usasan | 2013-06-22 00:42 | すきなもの | Comments(0)

桃山 小癋見(こべしみ)

e0182926_1151837.jpg能面には生と死と超越の三重性があり、室町以前に見られた土俗的な面の持つ素朴な精神性とは一線を画すと言われる。かつて宗左近さんは、その特異性を「神(超越するもの)への厳しい断念」と書いておられた。(1988年「太陽」8月号)

この写真は、そのとき宗さんが紹介されていた小癋見(こべしみ)で、桃山時代のものらしい。とても素晴らしい造形で、わたしには、他の同種のものと比べ、格段に魅力的と思える。高さ20.2センチ 幅15.6センチというから、けして大きなものではないのだが、一体、この迫力はなんなのだろう。

「ひどく怒っている。
しかも、したたかに耐えている。
そして、たいへんなエネルギーが噴き出している」
宗さんはそのように形容された。
わたしは、この真中の表現、「したたかに耐えている」という言葉に掴まれて立ちどまる。

癋見(べしみ)には2種類あり、大癋見は仏法に仇する大魔王や天狗などであり人間離れした異相となるが、小癋見は、人間の弱さに力を藉(か)す地獄の閻魔大王や鬼などの人間離れしない容貌が特徴という。それはつまり、救いなどもうどこにもありそうにない人間の悪業の前で、一刀両断で息の根をとめてしまえばいい断罪のみの役回りではなく、それらの更生を見極めようとする立場にあるものの「顔」なのだ。だから、この顔には、怒りとともに、深い哀しみが宿っている。

「したたかに耐えている」。
その目から、涙がこぼれていたとしてもおかしくはない顔をしている。

いや。
わたしには時々こぼれているように見える。
[PR]
by kokoro-usasan | 2013-06-15 12:36 | すきなもの | Comments(0)

「ブリジット・ブールデルの肖像」

e0182926_1063266.jpgローランサンの「ブリジット・ブールデルの肖像」は、近年になって発見、公開されたので、古い画集では一度も見たことがなかった。新聞の記事で見て、とても心惹かれた。もう4年ほど前のことだろうか。以前書いていた(今は非公開の)古いブログでも、この絵を紹介した記憶がある。

ピンクが好きだった彼女の絵のなかで、この色調はとても珍しい。それなのに、他のばら色の作品群に勝るとも劣らない愛らしさで忘れ難い印象を残すように思えるのはわたしだけだろうか。

今日は朝から雨で、ひとりで家にいると、「雨の日のお留守番」をしている子どものような気持ちになった。それでふと、この絵を思い出したのだろうか。この女の子も、なんだか、雨の日のお留守番をしているような感じがして・・・。



きのうのFさんに続いて、今夜、やはりとても久しぶりになるNさんのブログを訪ねると、偶然、最初で最後というご自身の写真がちょうど公開されていて、以前一度「古書ほうろう」でお会いしたときの面影を手繰り寄せながら読んだ。瓜南直子さんを偲んで書かれたその記事を読みながら、わたしは、ここ数年、こんなふうな交わりを人としていないなぁと思った。
[PR]
by kokoro-usasan | 2013-06-14 01:29 | すきなもの | Comments(4)

ずるしないようになりたくて

お日様が顔を出してくれて、少し寒さが和らぎました。洗濯をして、それから、久し振りに
デッサンに行きました。絵の実力は、一昨日のイラストで判ると思うのですが・・・、まぁ、
なんていうか・・・、残念ですが、そんなものです。むふ。

ひとつきに1回描きに行ければいいほうで、半年くらい行けないときもありますし、
家ではまったく描かないので、上達もしないのですが、それでも、絵って、そのときの
自分の気持ちが、割と容赦なく出てしまうので、見ないふりをしている内心のねじれや
歪みを知るには良い機会なのです。

わたしが通っているのは、裸婦デッサン。パリに行ったとき初めて誘われて、それから
上述のように細々と続けています。迷いのない迫力のあるデッサンに惹かれるのですが、
自分では描けません。迷いがないというより、わたしのは、意志がない、というのでしょうか
なんだか、何を描きたいのか判らないで描いているんだろうな、というのがすぐバレて
しまう絵です。時には、自分の心の中の鬼監督から、「おまえ、やる気がないなら、今すぐ
帰れ」と罵声をあびせられそうなくらい、もやもやと破綻した絵のときもあります。

一度、隣で描いていたおじいさんに、「お嬢さん、ずるしちゃだめですよ」と言われた
ことがあります。おじいさんのデッサンがわたしはとても好きだったので、そのかたに
「ずるしちゃだめですよ」とアドバイスしてもらえたことは、とても幸せなことでした。
わたしのデッサンをちゃんと見てくださってたのだな、気にとめてくださってたのだなと
思いました。それでも、わたしは、しばらくして、公私ともに暗雲たれこめる時期を迎え
絵も荒れ、おじいさんに注目されるのも鬱陶しく思うようになり、長くデッサンをさぼり
ました。そのさぼっていた期間に、おじいさんは、デッサンにお見えにならなくなり、
それ以来、お会いしていません。可愛がっていただいたのに、不義理なことをして
しまったなぁと思います。

そのせいでしょうか。デッサンをする度に、心のなかで、わたしは、いつもそのおじい
さんに問い掛けるような感覚があります。「おじいさん、わたし、いま、ずるしてますか?」
心の中のおじいさんは、「ちょっとね」と茶目っ気たっぷりにウインクしてくれるときも
あれば、首を振って、怒ったようなとても哀しい顔のときもあります。

今日のデッサンはどうだったかしら。今日はね、
「ずるはそんなにしていないが、いかんせん、あんた、ヘタクソだな」
って、声が聞こえます。どんまい、どんまい。

帰り道、おいしい紅茶のお店で、バナナキャラメルパフェなどセットで食べてしまいました。

ベルナール・ビュフェの展覧会が目黒で始まったようですね。ビュフェは好きなので、
今度、是非、行ってみようと思います。
e0182926_21341263.jpg

                   目黒川沿いの桜の開花には、まだちょっと早いですね。
                     ちなみに会期は4月11日までだそうです。
[PR]
by kokoro-usasan | 2010-02-21 21:44 | すきなもの | Comments(2)


閉じられていないもの


by kokoro-usasan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

ページのあいだに。
at 2017-06-25 14:26
ミラバル姉妹の誓い
at 2017-06-20 19:18
市民的不服従
at 2017-06-16 02:18
その立場にありません
at 2017-06-13 15:47
イムジン河
at 2017-06-11 15:08

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
日々
つぶやき
ことば
音楽
映画

演劇

トピックス
スナップ
すてき
あやしい特派員
さまよえる消費者
すきなもの
あじわい~
気になるこの子
展覧会
庭の楽しみ
手をうごかしてみる
追想
ごあいさつ
きょうの新聞から
幕間
一枚の写真
ダンス
あなたへ
未分類

記事ランキング

外部リンク

外部リンク2

検索