カテゴリ:あやしい特派員( 6 )

シルク・ド・外野

9月25日に書いた記事で、安保法制委員会での強行採決の際に、委員でもないのに議場になだれこんできた人間の氏名を知りたいと書いたのだけれど、顔写真付きで公開してくださったかたがいたので、一応、ここに追記させていただこうと思う。ただ、自分のブログに、わざわざ、自分が納得できないと感じるひとたちの写真を載せるのは、あまり気乗りがしないので、もし確認されたい方は、moreと書かれた部分をクリックしてごらんください。政治家というのは、自分の「意見」で、つまり言論で、その場にひとり立って、人々に理解を求めなければならない。その議場で、その委員会の人間ではない人間が(つまり任命を受けていない人間が)、採決の場に入り、議長がどこにいるのか見えない、聞こえないような状況をつくってもいいと、わたしには思えない。しかも、こんなに人数いる?  こんなに人数揃えるなら、シルクドソレイユのひととか呼んで、アクロバティックで美しいタワーか何かを作って、みんながそのパフォーマンスにあっけにとられている間に、採決したほうが、まだ、目の肥やしになって、すこしは「見た甲斐があった」という気になったのにな。

More(シルク・ド・外野)
[PR]
by kokoro-usasan | 2015-10-10 22:33 | あやしい特派員

じーせぶん

これ、面白いアイデアですね。
(ミュンヘンの友人から写真を無断拝借)
e0182926_14373779.jpg



今日はとても綺麗な夕焼けが見られました。

そういえば、わたしの母は夕暮れ時が大嫌いなひとでした。今はすこしぼけてしまったので、そういう会話もしませんが、かつてよく、夕暮れ時は寂しすぎて嫌だと訴えていました。わたしも、夕暮れ時がけして賑やかで楽しい時間とは思いませんが、母のように嫌いではありません。不思議ですが、夕暮れ時にぼんやりあたりが暗くなってゆくのを感じていると、旅した街のことを思い出すことが多いのです。暮れなずむ頃、きっと、旅先で、きゅんと心細いような気持ちになったに違いなく、けれど、そのきゅんと心細いような感じに、生きている実感を覚えたのかもしれません。どの街も、夕暮れ時には、ひとの暮らしのちょっとくたびれたような優しい時間が流れていました。ひとつ、ふたつと、家々の窓に明かりが灯る時間帯の甘い郷愁のようなもの。わたしがまだ訪ねたことのない多くの街角にも、同じようにそんな懐かしい時間が流れているのでしょう。いつか、わたしがまた自由に旅をできる日がくるなら、そのときまだ、日本のパスポートが、どこの国にも入ってゆける高い価値を持つものでありますように。
[PR]
by kokoro-usasan | 2015-06-09 14:40 | あやしい特派員

インドの朝

インドのムンバイに北インド音楽の勉強に行っているフミエさんが楽しい映像を撮ってアップしてくれた。

早朝のコルカタ公園では、誰憚ることなく、みんながそれぞれのヨガを楽しんでいるのだそうだ。映像は「笑いヨガ」というやつらしい。「笑い袋」のように、それを聞いているだけで、こちらも可笑しくなってくるからいいよね。でも、この映像そのものが、わたしはなんだか新鮮だった。早朝だというのに、こんなに早足で人が歩いているのもちょっと意外だったし、そんな中をサリー姿の女性たちがゆったりと過ぎてゆくのも不思議な雰囲気だ。
同じように早朝から太極拳をやっている中国の感じとも、やはりちょっと違う。ニッポンでいえば、ラジオ体操をしている人たちの横を、紋付袴姿の人が横切ってゆく映像があったなら、なにか時空が混乱するような不思議な気持ちになるだろうか。でも、インドではこれが、実際の日常なのだろう。

この映像を見ていて、わたしは、ナントナァク、沖縄にゆきたくなった。
今朝、こちらは寒の戻りで、また雪が降っている。春めいてきた空を見ているだけに、こういうのはとても切ないのだけれど、憮然とせずに、元気に過ごさなくちゃと思う。
[PR]
by kokoro-usasan | 2011-03-07 11:17 | あやしい特派員 | Comments(0)

春ももうすぐ

e0182926_1302974.jpg

                         じゃん!
               はい。困ったときのすけっとはわたし、
             「オレンジ色のにくいヤツ」招き猫の福ちゃんです。
             本日は、主人ここ・うさ、のんびりしすぎで遅刻寸前の由。
             「仕事から帰ったら書く~」と申しておりますので、代役で
             登場させていいただきました。
             ちっちゃな桜の花も開花いたしましたんでござります。
               (造花みたいに見えますけど本物なんですよ)
                  春もまぢかでありまするよー。

            以上、ピンチヒッター特派員、招き猫の福ちゃんでした。
               みなさんに、福をいっぱぁい、おとどけしまっせー。
               
[PR]
by kokoro-usasan | 2010-01-14 13:07 | あやしい特派員 | Comments(0)

冬至

本日は、みなさまに大好評の「あやしい特派員」報告の第二弾です。(大好評?)
あいにくプラハとはつながっていないので、くまたろう特派員からのレポートはありません。
本棚の上でレインコートを着て寝転がっている姿がすぐ目の前に見えなくもありませんが
きっと人違いでしょう。

さて、本日、日本は冬至であります。そこで、日出る国日本を代表する特派員ゆずのすけさんに
レポートをお願いしました。もしもし、ゆずのすけ特派員、おはようございます。きょうは冬至
ですね。お元気ですか。きょうはゲストのかたもいらっしゃるとか?

e0182926_10181746.jpg

                はい。こちら黄色田ゆずのすけです。
            お天気は快晴。スズメもチュンチュン楽しげな冬至の朝です。
            本日は、背後にお客様をお迎えしていますが、実はコイツが寄りかかって
            きて、すごく重いので、長くはレポートできそうにありません。
            でも、ご心配なく。この季節、僕らはとても強い絆でつながっており、
            これからの寒い季節を乗り切るため、ゴールデンタッグを組んで
            日本のみなさんにエールを送っています。

ゆずのすけ特派員、ありがとうございます。うしろのかたは、もしや南瓜おいしい蔵さん
ではありませんか。わたくし、ゆうべも、美味しくいただきました。どうぞ、よろしくお伝え
ください。

e0182926_10313561.jpg

            はい。了解です。コイツなんて言っちゃってすみません。いいひとです。
            寒い寒いとはいっても、日本は四季に恵まれた国。やがて、春も
            やってきますね。そうしたら、もう僕らの出番もない。だから、ちゃんと
            今の季節をささやかでいいですから楽しんでくださいね。これは
            僕からのお願いです。それでは、みなさん、ごきげんよう!


本当にそうですね。冬の空気を胸いっぱい吸って、みんなで次の新しい一年を一緒に
迎えましょう。ゆずのすけさん、きょうは、どうもありがとうございましたー。
どうでもいいんですけど、ゆずのすけさんって、ちょっと土田よしこさんの漫画「つる姫」に
顔が似てますね。たのもしいわぁ。
[PR]
by kokoro-usasan | 2009-12-22 10:47 | あやしい特派員 | Comments(0)

たったのひとつき記念日

そういえば、今日は、このブログを始めて、「たったのひとつき」記念日である。
「たったのひとつき」でも記念しといたほうがいいかもしれない。
「たったのふたつき」が来る前に、気かかわって、無くなってるかもしれないからだ。


思えば、このひとつき、あんなこと、こんなこと、いろいろあったような気がするけれど、
あんなこととこんなことの二つくらいしかなかったかもしれないのでたいしたことはない。
大別すると、「怒っているか」「怒っていないか」しかない人間なので実にシンプルだ。
(なんか、こんな書き方すると、友達がすごーく、減っちゃいそうだ。
 画面右上の×マークを容赦なくクリックされちゃうかもしれない
 どうしよう、やめようかな。
 大別すると「微笑んでいるとき」と、「美しく微笑んでいるとき」の二つしかない、
 なんて書いとくほうが、友達、増えるかな。どうしようかな。笑)

そんなわけで、ひとつきは、怒ったり、笑ったり、泣いたり、二度も三度も似たような
失敗を繰り返しつつ、勉強不足で、そのわりにふてぶてしい態度で過ぎてゆきました。
コメントをくださったみなさん、どうもありがとうございました。
怖がらずに(?)、声をかけていただき、嬉しかったです。

「たったひとつき」記念日を祝い、ただいま、プラハから特派員と中継で繋がって
いますので、特派員を呼んでみましょう。

もしもし、特派員の、黄色いレインコートのくまさん?
こちら、koko-usaです。そちらはいかがですか。

e0182926_2340383.jpg

      はい。こちら、プラハのくまたろうです。
      現在、そちらは雨とお聞きしましたので、黄色いレインコートスタイルで
      お祝いをさせていただきます。「たったひとつき」記念、おめでとうございます。
      こちら、プラハも、クリスマスムードが、だんだん高まってきております。
      現在プラハは、23時45分をまわったところです。
      おや、東京と同じですね。おかしいですねー。
      ではさようなら。

くまさん、とってもリアリティのある中継ありがとうございました。
すっごく合成写真ぽく見えますけれど、きっと、目の錯覚だと思います。
これからも、特派員報告よろしくお願いします。今夜はどうもありがとう。

と言ってるうちに、日付が変わってしまいそうなので、急いで送信。
みなさん、おやすみなさい。明日はいい天気になるそうです。
[PR]
by kokoro-usasan | 2009-12-11 23:47 | あやしい特派員 | Comments(0)


閉じられていないもの


by kokoro-usasan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

彼岸の雨
at 2017-03-21 11:59
扁桃腺炎
at 2017-03-19 12:56
もうだれも奴隷にならないように
at 2017-03-10 22:58
自由
at 2017-03-01 11:46
擦過傷
at 2017-02-28 12:31

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
日々
つぶやき
ことば
音楽
映画

演劇

トピックス
スナップ
すてき
あやしい特派員
さまよえる消費者
すきなもの
あじわい~
気になるこの子
展覧会
庭の楽しみ
手をうごかしてみる
追想
ごあいさつ
きょうの新聞から
幕間
一枚の写真
ダンス
未分類

記事ランキング

外部リンク

検索