自由

かつて、ハンナ・アーレントが言いました。
神には「真理」がある。
しかし、「真理」には「自由」がない。

それはカントの次の言葉から啓示を受けてのものでした。
「わたしたちは、
人間的自由の可能性のために、
真理を犠牲にする覚悟がある」

そのとき、わたしは思ったのです。

神が、「沈黙」するのは、

神の真理からは逸脱して手渡された「自由」を、
人間がどう行使するのか
じっと忍耐強く見つめているからなのだと。

死ぬほどの苦しみも悲しみも、
おまえに与えたその「自由」で乗り越えよ、と。

その自由の意味を深く知れ、と。

「狭き門」とは

「自由をどう使うべきか」という問いかけなのだと
わたしは思っています。

履き違えれば、
その自由は腐り、門は遠ざかります。





[PR]
by kokoro-usasan | 2017-03-01 11:46 | つぶやき


閉じられていないもの


by kokoro-usasan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

ページのあいだに。
at 2017-06-25 14:26
ミラバル姉妹の誓い
at 2017-06-20 19:18
市民的不服従
at 2017-06-16 02:18
その立場にありません
at 2017-06-13 15:47
イムジン河
at 2017-06-11 15:08

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
日々
つぶやき
ことば
音楽
映画

演劇

トピックス
スナップ
すてき
あやしい特派員
さまよえる消費者
すきなもの
あじわい~
気になるこの子
展覧会
庭の楽しみ
手をうごかしてみる
追想
ごあいさつ
きょうの新聞から
幕間
一枚の写真
ダンス
あなたへ
未分類

記事ランキング

外部リンク

外部リンク2

検索