擦過傷

e0182926_1213665.jpg




















このところ
妙に
落ち込むことがあって、
人との間に垣根を作りそうになっているのを感じるのでした。

そこで、
昨日の休日、
普段は乗ることのない初めての路線を利用して
遠い映画館まで
ぼんやりバスに揺られてゆきました。

「彼らが本気で編むときは、」
を観ました。

監督は「かもめ食堂」「めがね」の荻上直子。
彼女自身が「荻上直子第二章」と言っている通り、
この作品は、これまでの荻上作品より
現実への寄り添い方がとてもリアルになっていて
それでも、彼女らしい、ゆるやかでやさしいテンポはそのままの
暖かい作品でした。














[PR]
by kokoro-usasan | 2017-02-28 12:31 | 映画


閉じられていないもの


by kokoro-usasan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

彼岸の雨
at 2017-03-21 11:59
扁桃腺炎
at 2017-03-19 12:56
もうだれも奴隷にならないように
at 2017-03-10 22:58
自由
at 2017-03-01 11:46
擦過傷
at 2017-02-28 12:31

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
日々
つぶやき
ことば
音楽
映画

演劇

トピックス
スナップ
すてき
あやしい特派員
さまよえる消費者
すきなもの
あじわい~
気になるこの子
展覧会
庭の楽しみ
手をうごかしてみる
追想
ごあいさつ
きょうの新聞から
幕間
一枚の写真
ダンス
未分類

記事ランキング

外部リンク

検索