巴里・のような

e0182926_11271041.jpg大学に入ったばかりの頃、医大を目指していた幼馴染は、一浪して、神保町界隈の予備校に通っていたようで、書泉グランデで配っている「しおり」を何枚も集めては、時々、わたしに持ってきてくれた。毎回、様々な絵描きさんの可愛らしいイラストが描かれていたので、いつのまにか、結構なコレクションになった。とはいえ、わたしはあまりしおりを本に挟む習慣がないので、それらは、とりあえず専用の箱に入れて保存されていた。

浪人生活に入ったことは、彼にとって非常に辛いことだったらしく、そうやってしおりを集めては、ノーテンキな幼馴染に届けるということが、わずかな息抜きだったのかもしれない。

後年、わたしはまさに、その神保町界隈、西神田2丁目という場所で自分が生まれたことを知るのだけれど、当時は、まだ知らずにいた。わたしにとって、神保町は、ただ単に「古本屋街」だった。幼馴染が、「おいしいカレー屋をみつけたから、今度、連れていってあげるよ」と言ってくれたのを覚えているけれど、実際に行ったのかどうかは、もう思い出せない。

12、3年くらい前だろうか。自分が、「実の両親」のもとで産声をあげた土地という認識を持って、ひとり、神田に出かけたことがある。映画「珈琲時光」でも撮影に使われた西神田の喫茶店「エリカ」は、まだ閉店しておらず、窓際の席に座って、静かに時間を過ごした。そばの席では、出版社のかたと、作家らしきかたが打ち合わせをしており、実に失礼な話だが、わたしは、彼らの、どこか「クロウト」っぽい言葉の選び方が、きざっぽく思えて、なんだか、聞いていて恥ずかしかった。

日が落ちて、夜の帳りの降りたあと、あれは、どのあたりだったのだろう、ふっと、通りに目をやったとき、その街並みが、まるでパリのように見えて、どきっとした。「いやいや、それはあまりに大げさだよ。ここは、神保町ですよ。」と、自分で自分に突っ込みを入れながら、あらためて、じっと、街並みを見た。ぐあんと、めまいのようなものに襲われて、パリだかどこだか知らないが、自分の知らない時空にタイムスリップするような変な気持ちになった。そして、やはり、それは、どこかパリに似ていたのだ。でも、ひととき、そんな気分に浸るのも悪くないなと思い直し、しばらく、そこに立って、パリの夜の街並みを思い起こしていた。

きのう、未知のかたのFBで、冒頭の神保町の写真がアップされているのを見た時、あ、と思った。なんとなく、やっぱり「そういう景色」が、ここにはあったのだ、と、自分のかつての「大げさな感慨」を、すこしは擁護してあげられるように感じ、ちょっぴり嬉しかった。


ちょっと、
似ていますよね。ふふ。







[PR]
by kokoro-usasan | 2017-02-01 12:49 | つぶやき


閉じられていないもの


by kokoro-usasan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

ページのあいだに。
at 2017-06-25 14:26
ミラバル姉妹の誓い
at 2017-06-20 19:18
市民的不服従
at 2017-06-16 02:18
その立場にありません
at 2017-06-13 15:47
イムジン河
at 2017-06-11 15:08

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
日々
つぶやき
ことば
音楽
映画

演劇

トピックス
スナップ
すてき
あやしい特派員
さまよえる消費者
すきなもの
あじわい~
気になるこの子
展覧会
庭の楽しみ
手をうごかしてみる
追想
ごあいさつ
きょうの新聞から
幕間
一枚の写真
ダンス
あなたへ
未分類

記事ランキング

外部リンク

外部リンク2

検索